子供の脱毛方法はどうすればいいの⁇簡単かつ効果的に脱毛する方法‼

思春期の子供の悩みを解決してあげたいのが、親心というものです。

男子でも女子でも体毛に関してはデリケートな問題で、カミソリでの処理では肌に負担をかけたり、毛がポツポツしてきたり

そんな悩みから、子供を助けてあげる方法をご紹介していきたいと思います

脱毛サロンに通う

脱毛の手っ取り早い方法として挙げられるのが、脱毛サロンに通うことです。

最近は、学生に向けたコースがあったりしますし、だいぶお手頃価格で脱毛に通うことができます!

保護者の同意書が必要だったり、契約に同伴しなくてはいけなかったりする場合もあります。

私は、学生のうちは毛抜きで自己処理をしていました。

眉毛と髪の毛以外の毛はいらないと考える私の自己処理は、とっても時間がかかりました。

カミソリでやればもっと早く終わらせることが出来るのでしょうが、カミソリだとすぐ生えてきてしまうし、生えてきた毛がチクチクしてきてストレスでした。

なので、毛抜きで処理していましたが

全身に何本の毛が生えていると思います!?

ムダ毛の処理に費やす時間は、数時間に及ぶものでした。

その後、自分でアルバイトでお金を稼ぐことが出来るようになってから脱毛サロンに通うことになりましたが、今まで費やしてきた自己処理の時間を本当にもったいなく感じました。

しかも、カミソリや毛抜きで処理していた時は毛穴が赤くなったり、肌を痛めていたのが脱毛に通うようになってから、毛穴があまり目立たなくなってきたようにも感じました。

自己処理は、最低でも12日に1度、でも脱毛は数カ月に1度。

時間効率から考えても、脱毛に通ったほうが賢いと思いますよ

1つ注意してほしいことが、まだ体が未発達の学生はホルモンのバランスも未成熟です。

なので、大人になってホルモンバランスが整ってきたときに毛がまた生えてきてしまう恐れあります。

毛が生えてきてからまた脱毛に通うのにお金を払わなければいけなくなる場合もふまえて、最初に契約する際にアフターフォローがどうなっているのかを聞いておくことです。

期間や回数が無制限のところであれば、大人になっても脱毛を再開してもお金がかからないところも多いです。

回数コースだと、その回数が終わってしまうと追加照射にお金がかかる場合があります。

先のことを見越して、無制限のところを探すのがいいと思いますよ

自宅でも脱毛できる

もし、通うのが嫌だったり恥ずかしかったりする場合は自宅で自分で脱毛する方法もあります。

オススメは家庭用脱毛器ケノンです

コスパもいいですし、操作も簡単

家族で使い回すことも出来ますしね!

特に男の子の場合では、脱毛に通っていることを恥ずかしく感じることもあるかもしれません。

ケノンなら自宅でこっそりできますので、周りに知られることなく脱毛できちゃいますよ

脱毛サロンだと、顔には照射してもらえないところもありますが、ケノンならヒゲなどにも使えます!

しかも美顔器としても使えるという優れもの

さっき説明した通りホルモンの状態によってはまた毛が生えてくる恐れがあるので、再度通う手間を考えると、ケノン1台あればいつでもどこでも何度でも脱毛することが出来ます!

照射頻度は2週間に1度くらいのペースで大丈夫です。

脱毛サロンの場合は予約しなくてはいけませんから、その手間も省けます。

頻度は脱毛サロンよりも頻回に照射することになりますが、脱毛サロンと大して差はありません。

脱毛サロンで使う機械のパワーはケノンよりはもちろん強いですが、ケノンも回数を重ねれば効果は得られます☆

美顔器としても定評があるといいましたが、エステサロンでいうところのフォトフェイシャルと同等の効果があり、シワやニキビ跡やシミそばかすにまで効果があると言われています!

実際にサロンに通って脱毛とエステを受けるとなると結構な金額のお金が発生しますが、ケノンの場合は1度購入してしまえば追加でお金が発生する心配もなし(専用カートリッジは回数に応じて買い替える必要があります)

まとめ

私が学生の頃に、今のように手軽に脱毛をすることはできませんでした。

サロンに通うのも今の脱毛サロンで掲示されている金額よりも全然高かった覚えがあります。

今は昔よりもお手頃に脱毛することが出来るので、子供たちの悩みを解決してあげるのも、昔よりもずっと簡単になったということです。

子供たちのデリケートな悩みに手を差し伸べてあげましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする